命について考える

5月に小5の長男がお迎えしたハムスター🐹が

今朝、突然動かなくなっていました。


朝はみんな忙しかったため、死に直面したのはお昼過ぎでした。


昨日の夜元気に動き回っていたのに。

長男は、泣きながら自分なりに何ができたのか、

何がだめだったのかを、考えて話してくれました。

小2の次男、5歳の次女も、ハムスターに何が起きて

動かなくなってしまったのか、考えていました。


元気だった子が突然いなくなる、という事実。

「死ぬってこういうことなんだね。」

「猫も犬も、死んじゃうの?」

素朴な疑問がいくつも出てきました。



死に関していろいろと考え、話し合った日でした。


子供たちには、

「4人みんな無事に産まれたことが奇跡で、

ここまで大きなケガも病気もなく育っていることが奇跡で、

だからもっとみんなのためにお母さんは頑張ろうって思って、

勉強してるんだよ。」

と伝えました。


今を精一杯生きよう。